難波ファッションヘルス 【OLの品格クラブアッシュ】6回目

OLの品格クラブアッシュをフリーで入ってみた

今回は俺の長い人生の中で、始めて風俗でフリーで入った。

 

友人と二人で飲みに行った帰りに、友人がどうしても行きたいと言うのでいったのだが、まさかの友人の持ち金が5000円。

 

俺もそんななかったので、指名料を渋って渋って入ることに。
正直フリーで入るほど怖いものがなかった。

 

単純に俺の頭の中でフリーというものは、
お店で1番指名が取れていない人が来る!
そんなイメージでしかなかった。

 

という事は・・・・OLの品格のワースト1、2がくるという計算になるんじゃないか?

be

これは一大事である。

風俗経験がそこそこある俺は頭の中で、とりあえず友人よりあとの番号をひこう。

それだったらワースト2がくるはず!と勝手に頭の中で読んだ。

すまぬ友人よ!この世は弱肉強食なのだ!

img_1477282_63780209_0

そして待合室で内心どきどきしながら待っていると、
さきに呼ばれたのが俺の方だった。

beji9

えーーーもしかして俺のとこにはずれきた?と思い内心あきらめかけていました。するとどうだろうか?

エレベータの前にいたのは・・・

なんと可愛い子だった!

img_1477282_63780209_0

思わず敬礼しそうなぐらい当たりの子。しかし、問題はここから・・・
性格テクニックに難があるんじゃないか?と思っていたんですが・・・

 

そう人間はこんな時に欠点を探したがるのが自分でもわかるのだが、
体は普通。顔は可愛い。性格エロい。

 

なんというか、すぐに俺の息子センサーは反応してしまい、すごくすごくエロい雰囲気をかもし出す子。

 

俺のことを「社長」と呼び、ちゃんとイメージプレイを再現してくれる子。

 

服を脱がそうすると、
「社長こんなとこでだめ・・・」

u‚æ‚¢‚Å‚Í‚È‚¢‚©v˜Œ³‚Ì‘Ñ‚ðˆø‚Á’£‚éDF‚È“a
「良いではないか!」

 

と言わんばかりの興奮を覚えた。

その後、机に移動して下をせめて、だんだん上に上がってキスをしながら自然なかたちで、

 

「社長だめだよー」とあえぐこの子だったけど、こういう流れにもっていったのはこの子の力である。

自然な流れでこうな風にプレイできたのは始めてである。

 

そのまま、発射してとてもすっきりした気分になった。

 

思っていたよりも早くいったので、お風呂に入るのかとおもっていたけど、もう1回戦しようということでもう1回戦はじめ、終わる頃には性もこんも燃え尽きた。

 

少し話もしたけど良い子でまたリピートありだなと思いました。

 

帰りに始めて名前を知ってMちゃんの名前忘れないようにしなければと心に刻みました。
88EE928620010

そして友人と合流して情報交換したんですが、友人の言葉はこうだった。

「なんだよーBBAだったよー」

やはりフリーの法則はあながち間違いではなかったようでした。